ディスプレイの省電力機能を無効にする

DPRM 機能を無効にする
パソコン上で何も操作されていない時間が続いた時に、モニタを切ったり省電力モードに移行させる機能を、
DPMS (Display Power Management Signaling)」と呼びます。

動画を見ていて、10 分くらいしたら自動でモニタが OFF になるので、慌ててマウスを動かして元に戻す、なんていうことはよくあると思います。

この機能は Xorg 1.8 から自動で有効になっていて、デフォルトで 10 分くらいに設定されています。
PC で動画を見る人にとっては、かなり厄介な機能です。

常に無効にするには、/etc/X11/xorg.conf.d 内に設定ファイルを作ります。
設定ファイル
通常のディレクトリ上でファイルを作った後、
$ sudo cp 10-monitor.conf /etc/X11/xorg.conf.d」でコピーするか、テキストエディタを root で実行して編集&保存してください。

/etc/X11/xorg.conf.d/10-monitor.conf
Section "Monitor"
    Identifier "LVDS0"
    Option "DPMS" "false"
EndSection

Section "ServerLayout"
    Identifier "ServerLayout0"
    Option "BlankTime" "0"
    Option "StandbyTime" "0"
    Option "SuspendTime" "0"
    Option "OffTime" "0"
EndSection

※設定は次回の起動時に適用されます。

この設定ファイルにより、省電力機能が無効となり、無操作で何分過ぎてもモニタが切られることはありません。
手動でモニタを切る
これで自動でモニタが OFF になることはありませんが、長時間 PC から離れる場合はモニタが点いたままになるので、手動でモニタを切ってから離れたい場合もあります。
その時は、xset コマンドを使います。

Ubuntu の場合は「x11-xserver-utils」パッケージ。
Arch Linux の場合は「xorg-xset」パッケージ。

# モニタを切る
$ xset dpms force off

# スタンバイ状態に
$ xset dpms force standby

# サスペンド状態に
$ xset dpms force suspend