(Linux/CUI) apdtool

概要
AzPainter/AzDrawing で保存された APD/ADW ファイルに関する、CUI ツールです。

  • APD v1-v3、ADW v1-v2 のファイルを読み込めます。
  • 各レイヤを合成した一枚絵画像を、PNG/BMP/PSD 形式で一括出力できます。
    PSD に関しては、"8bit グレイスケール"・"1bit モノクロ" での出力も出来るので、印刷原稿用の画像として一括変換することも可能です。
  • 各レイヤを独立したイメージとして、PNG/BMP/PSD 形式で出力できます。
  • A16bit/A1bit レイヤに指定されているレイヤテクスチャを、テクスチャ画像のパスを元に、指定色のレイヤに変換して、画像として出力できます。
    (レイヤテクスチャを無効にし、レイヤの線の色をグレイスケール色にセットします)
    これにより、トーン画像をグレイスケールイメージに変換することができます。

※APD ファイル内でレイヤテクスチャが使用されている場合、指定されているテクスチャ画像は、別途必要になります。
その場合、オプションで、テクスチャ画像のディレクトリを指定してください。
ソースコード
>> Download

言語: C
License: MIT
動作環境: Linux/FreeBSD/macOS (確認済みのもの)

コンパイル方法や使い方については、ReadMe をご覧ください。
使用例
## APD ファイルを、一枚絵として PNG に出力

$ apdtool -o /path/outdir *.apd

## APD ファイルを、一枚絵として PSD (1bit モノクロ) に出力

$ apdtool -o /path/outdir -f psd --mono *.apd

## APD ファイルの各レイヤを PNG で出力

$ apdtool -o /path/outdir input.apd
=> input_00.png, input_01.png, ...

## トーンテクスチャをグレイスケール色に変換

1. 使用されているテクスチャのパスをすべてテキストに出力
$ apdtool -T texture.txt *.apd

2. テキストを編集し、色情報を書き込む
例: tone/60L_20.png@20 (=> 20% 濃度の色)

3. テキストを指定して画像出力
$ apdtool -t texture.txt *.apd