Python スクリプト実行方法

Python のバージョンについて
現在、Python にはバージョンが2つあり、Python2Python3 が存在します。
Python3 の方が新しいのですが、Python2 と互換性がないために、現状では Python2 と Python3 がそれぞれ独立して使われています。

Python2 の場合は python2 コマンド、Python3 の場合は python3 コマンドが使われます。
Linux の各ディストリビューションによっては、python コマンドが python2 または python3 のシンボリックリンクになっている場合があります。
スクリプトファイル実行方法
Python スクリプトを実行するには2通りの方法があります。
Python の実行ファイルにスクリプトを読み込ませる
python コマンドに引数としてスクリプトファイルを渡し、実行します。

$ python script.py

python コマンドがなければ、python2 か python3 コマンドを使ってください。
スクリプトファイルに実行権限を付加し、直接実行
$ chmod +x script.py
$ ./script.py

まず、スクリプトファイルのパーミッションを変更して、実行権限を付加します。

そうすると、スクリプトファイルを実行ファイルと同じようにして実行することができるので、ファイルをコマンドとして指定して実行します。

この時、カレントディレクトリを意味する「./」を付けるのを忘れずに。
「./」を付けなかった場合は、環境変数の PATH のディレクトリからファイルが検索されることになり、「コマンドが見つらない」とエラーが出ます。

また、この方法の場合は、スクリプトファイルの1行目に「#!/usr/bin/python」と記述して、このファイルを実行するコマンドを指定する必要があります。
python コマンドがない場合は、python の部分を python2 か python3 にしてください。