Python スクリプト実行方法

Python のバージョンについて
現在、Python にはバージョンが2つあり、Python2Python3 が存在します。

この2つは互換性がないため、Python2 用のスクリプトを Python3 で実行したり、Python3 用のスクリプトを Python2 で実行すると、正しく動作しない場合があります。
両方に対応するように作られたスクリプトでは、どちらで実行しても問題ありません。

これにより、現在は Python2 と Python3 が両方使われている状態です。

Python2 の場合は python2 コマンド、Python3 の場合は python3 コマンドを使います。
Linux のディストリビューションによっては、python コマンドが python2 または python3 のシンボリックリンクになっている場合があります。
スクリプトファイル実行方法
Python スクリプトを実行するには2通りの方法があります。
Python の実行コマンドに引数でファイルを指定
Python 実行コマンドに引数としてスクリプトファイルを渡し、実行します。

$ python script.py

python コマンドが見つからない場合、python2 か python3 コマンドを使ってください。
スクリプトファイルに実行権限を付加し、直接実行
$ chmod +x script.py
$ ./script.py

まず、スクリプトファイルのパーミッションを変更して、実行権限を付加します。
そうすると、スクリプトファイルを実行ファイルと同じようにして実行することができるので、ファイルをコマンドとして指定して実行します。

なお、この方法で実行する場合は、スクリプトファイルは相対パスまたは絶対パスで指定する必要があります。
$ script.py」では、実行ファイルの検索パス (PATH) からファイルが検索されるので、カレントディレクトリのファイルは実行できません。
カレントディレクトリのファイルを実行する場合は、「./」を付けます。

また、スクリプトファイルの1行目に、使用する実行ファイルを指定する必要があります。
#!/usr/bin/python」というように、「#!」+実行ファイルのパスで指定します。
python コマンドがない場合は、python の部分を python2 か python3 にしてください。