Arch Linux - X11 インストール

パッケージのインストール
>> Xorg - ArchWiki
xorg-server
まず、メインとして 「xorg-server」 パッケージが必要です。
Xorg 関連は、細かい用途ごとにパッケージが分かれているので (xorg-* パッケージ)、他のものは必要になった時にインストールしてください。

# pacman -S xorg-server
X11 の起動
X11 を起動するには、ディスプレイマネージャを使うか、startx コマンド (xorg-xinit パッケージ) を使って手動で起動する必要があります。
通常はディスプレイマネージャを使います。
入力デバイス
xorg-server の依存パッケージとして、デフォルトで 「xf86-input-libinput」 がインストールされるので、通常はそれを入力ドライバとして使います。

マウスやキーボードなどはそれだけで普通に使えますが、特殊な入力デバイスの場合は、それぞれのパッケージ (xf86-input-*) をインストールする必要があります。

Wacom ペンタブレットを使う場合は、「xf86-input-wacom」 をインストールしてください。
端末
デフォルトの端末として 「xterm」 をインストールしておいた方がいいでしょう。
普段使いの端末としては使いにくいですが、GTK+ などを使っていない分、X11 だけあれば実行できるので、GUI 環境のインストール時などに使うと良いです。
ビデオドライバ
自分のパソコンのビデオカードに合ったビデオドライバが必要になります。
メーカーごとにインストールするパッケージが分かれているので、詳しくは Wiki のページを見てください。
ビデオカード確認
まずは、自分のパソコンのビデオカードを確認します。
PCI カードの一覧から、VGA または 3D の文字を検索して、一致した行を表示します。

$ lspci | grep -e VGA -e 3D

うちの場合は、Intel CPU 内蔵の GPU のため、以下が表示されました。

00:02.0 VGA compatible controller: Intel Corporation HD Graphics 510 (rev 06)
VirtualBox ゲストの場合
VirtualBox のゲストとしてインストールした場合は、Guest Additions をインストールすると、画面解像度などが向上します。
ビデオドライバはインストールする必要はありません。

Arch Linux の場合、ゲスト環境用のユーティリティとして公式パッケージに 「virtualbox-guest-utils」 が存在するので、VirtualBox のサイトから Guest Additions をダウンロードせずに、ゲスト環境内でこのパッケージをインストールしてください。

なお、このパッケージのインストール時、モジュールに何を使うのかを選択することになります。
通常の Linux カーネル (linux パッケージ) を使うなら、「virtualbox-guest-modules-arch」 を選択します。
このパッケージは、カーネルのバージョンに合わせて更新されます。

自分でビルドしたカーネルを使う場合などは、「virtualbox-guest-dkms」 を選択してください。

ゲストサービスは自動でロード・起動されるので、特に設定などを行う必要はありません。
Intel の場合
>> Intel Graphics - ArchWiki

Intel のビデオカードの場合、必要なパッケージは 「xf86-video-intel」「mesa」 となっています。

ただし、第4世代 (Haswell) 以降の場合は、xf86-video-intel をインストールせずに、modesetting ドライバを使うことが推奨されています。
(modesetting は、xorg-server パッケージに含まれています)

modesetting を使う場合、2D アクセラレーションは使えませんが、パフォーマンス的にはそちらの方が良いようです。
Ubuntu などでは、デフォルトで modesetting を使うようになっています。

Haswell より前の世代の場合は、「xf86-video-intel」 をインストールしてください。
Xorg 設定
Xorg の設定ファイルは、/etc/X11/xorg.conf.d ディレクトリに *.conf ファイルとして置きます。
ファイル名の先頭は 「2桁の数字とマイナス」 である必要があり、数字はファイルの優先度になります。
通常は、用途ごとにファイルを分けて記述します。

GNOME など、デスクトップ環境によっては、各項目ごとに GUI で設定出来る場合もありますが、ここでは手動で設定を行います。
キーボード設定
>> Xorg でのキーボード設定 - ArchWiki

X11 環境でもキーボード配列はデフォルトで英語用になっているので、日本語キーボードに設定する必要があります。

/etc/X11/xorg.conf.d/10-keyboard.conf」 ファイルを作成して、以下の内容を記述してください。

Section "InputClass"
  Identifier      "Keyboard Defaults"
  MatchIsKeyboard "on"
  Option          "XkbLayout" "jp"
  Option          "XkbModel"  "pc104"
EndSection

/usr/share/X11/xkb/rules/base.lst のテキストファイルに、モデル名 (XkbModel) やレイアウト (XkbLayout) の値の一覧があります。
jp106 は載っていないので指定できませんが、通常は pc104 で問題ありません。
モニタの省電力機能を無効にする
>> Display Power Management Signaling - ArchWiki

パソコンが操作されていない時にモニタを省電力モードに移行させる機能を 「DPMS」 と呼び、Xorg では現在デフォルトで有効になっています。
10 分間何もしないとモニタがスタンバイ状態になるため、長い動画を見る場合などは、余計な機能になります。

機能を無効にする場合は、以下のように設定してください。

/etc/X11/xorg.conf.d/10-monitor.conf
Section "Monitor"
  Identifier "LVDS0"
  Option "DPMS" "false"
EndSection

Section "ServerLayout"
  Identifier "ServerLayout0"
  Option "BlankTime" "0"
  Option "StandbyTime" "0"
  Option "SuspendTime" "0"
  Option "OffTime" "0"
EndSection