Arch Linux - 定期的に行うこと

定期的に行うこと
>> システムメンテナンス - ArchWiki

Arch Linux のインストール後、定期的に行うべきことがいくつかあります。
パッケージ関連
アップデート
パッケージは定期的に手動でアップデートする必要があります。
他のディストリビューションでは、定期的にメッセージを表示したり、自動でアップデートしてくれる場合もありますが、Arch Linux では自動で行ってくれないので、自分のタイミングで手動で行う必要があります。

毎日やっておくのが一番良いですが、2〜3日間隔くらいでも構いません。
最長でも一週間くらいの間隔にした方がよいです。

以下のコマンドで、パッケージリストの更新とアップデートを行うことができます。

# pacman -Syu

パッケージに何かしら変更があると、メッセージが表示される場合があるので、注意して見ておいてください。
パッケージに大幅な変更があった場合、Arch Linux の公式サイトのトップページに変更の詳細が出ている場合があるので、たまに覗いてみてください。
パッケージキャッシュの削除
pacman でダウンロードされたパッケージは、「/var/cache/pacman/pkg」 ディレクトリ内に置かれ、手動で削除しない限りファイルはずっと保持されます。
パッケージがアップデートされても、古いバージョンのファイルはそのまま残ってしまいます。
そのため、定期的に手動でファイルを削除しないと、どんどんストレージの使用量が肥大化していきます。

Arch Linux を使っていく上で、気付きにくいけれども重要な部分なので、注意しておいてください。

以下のコマンドで、現在インストールされていないパッケージファイルをすべて削除できます。

# pacman -Sc

Arch Linux では、新しいバージョンのパッケージをインストールした後に不安定になった時などのために、一つ前のバージョンのパッケージは保持しておくことが推奨されているので、現在インストールされているパッケージのファイルは残すことになっています。

残すファイルをもっと細かく制御したい場合は、pacman パッケージ内にある paccache コマンドを使うと、最新の3つのバージョンを残して削除したりすることができます。

>> pacman - ArchWiki (パッケージキャッシュの削除)

補足
なお、以前は、pacman-optimize コマンドを使って、手動でパッケージのデータベースを最適化して処理速度を向上させることができましたが、現在はデータベースのフォーマットが新しくなったことによりこのコマンドがなくなったため、最適化は必要なくなったようです。
時刻調整
自動的にネットで時刻調整するように設定していない場合は、定期的に手動で調整しましょう。
しばらく放っておくと時間がずれてきます。

# ntpd -gq
# hwclock -w