Arch Linux インストール (5)

ログイン
インストールした Arch Linux を起動後、ログインが求められるので、入力します。

arch login は 「root」 (管理者権限)、
Password は設定した管理者権限のパスワードを入力してください。

Linux では、管理者権限でログインする時、名前は root で固定となっているので、覚えておいてください。

ログインできたら、コマンド入力ができる状態になります。
再起動とシャットダウン
ここからは、再起動またはシャットダウンしたい場合、以下のコマンドを使うことになります。
途中で終了したい場合や、インストールメディアを再起動したい場合などに使ってください。

<再起動>
# systemctl reboot

<シャットダウン>
# systemctl poweroff
ユーザーアカウント
>> ユーザーとグループ - ArchWiki

インストール直後は、管理者権限のユーザーアカウント (root) しか作られていないので、普段使う用のユーザーアカウントを作成します。
一人しかパソコンを使わない場合でも、必ず一つは作成します。
ユーザーの追加
ユーザーを追加するには、useradd コマンドを使います。

一般的なユーザーアカウントを作る場合は、以下のようにします。
ユーザー名は好きな名前で構いません。

# useradd -m -G wheel <ユーザー名>

-m, --create-homeユーザー用のホームディレクトリを作成する。
/home/<user> のディレクトリが作成される。
-g, --gid <group>ユーザーが所属するメイングループのグループ名。
省略すると、ユーザー名と同じ名前で新しいグループが作られる。
-G, --groups <group>ユーザーが所属するサブグループのグループ名 (複数可)。
-s, --shell <shell>デフォルトのログインシェルのパス。
デフォルトで /bin/bash
グループについて
ユーザーグループには、「一つのユーザーに一つしか指定できないメインのグループ」 と、「一つのユーザーに複数指定できるサブグループ」 の2種類があります。

メイングループ
メイングループは、主にファイルの読み書きなどの制限に関わってきます。

例えば、aaa というユーザーが users グループに入っていて、ファイルを作成した場合、デフォルトでそのファイルの所有者は aaa、所有グループは users となります。
(作成したユーザーが所属しているメイングループと同じになる)

もし、bbb というユーザーが同じく users グループに入っていた場合、そのファイルのパーミッションがグループの読み込みを許可していたとすると、ユーザー bbb はそのファイルの所有グループと同じ users に入っているので、そのファイルを読み込めることになります。
(ファイルのパーティションは、デフォルトで所有者と所有グループの読み込みを許可することになっています)

複数のユーザーでグループを共有して読み込みできるようにしたい場合は、同じグループに入れます。
逆に、他のユーザーからの読み込みを制限したい場合は、グループを別にします。

パソコンを一人しか使わない場合でも、複数で使う場合でも、ファイルの制限を厳しくしたい場合、メイングループの指定は省略して、ユーザーごとに新規のグループを作ると良いでしょう。

サブグループ
サブグループは、各ユーザーにグループごとの機能を持たせる場合に使います。

例えば、sudo コマンドは、wheel グループに入っているユーザーのみコマンドを使えるように設定できるため、sudo を使えるようにするために wheel グループに入れるという風に使います。

sudo コマンドを使うためにも、wheel グループはデフォルトで入れておいた方が良いです。
ユーザーのパスワード設定
作成したユーザーのパスワードを設定します。
設定せずに使うことも出来ますが、誰でもログインできてしまうので、普通は設定しておきます。

# passwd <ユーザー名>

root のパスワードを設定する時にも使った passwd コマンドで、ユーザー名を指定して、パスワードを設定します。
パスワードの入力と、確認用の再入力が求められるので、2回入力してください。
ユーザー関連操作
ユーザーの削除
# userdel -r <ユーザー名>

-r : ホームディレクトリを削除する。

ユーザーの一覧
# less /etc/passwd

「ユーザー名:パスワード(x):ユーザーID:グループID::ホームディレクトリ:ログインシェル」

グループの一覧
# less /etc/group

「グループ名:パスワード(x):グループID:このサブグループに所属しているユーザー」
sudo
>> Sudo - ArchWiki

sudo コマンドは、一般ユーザーで一時的に管理者権限での操作を行いたい時に使います。

base パッケージグループに sudo は入っていませんが、base-devel パッケージグループには入っています。
頻繁に使うことになるので、base グループしかインストールしていない場合は、別途インストールしてください。

# pacman -S sudo
sudo の設定
sudo コマンドは、そのままでは使えません。
/etc/sudoers の設定ファイルを編集して、設定を行う必要があります。

※ sudoers ファイルに構文エラーなどがあると、最悪 sudo が使えなくなって、再インストールすることになるかもしれないので、編集は慎重に行う必要があります。

visudo コマンドを使うと、保存前に構文エラーを指摘してくれたりするので、安全に編集することができます。
エディタはデフォルトで vi のため使いにくいので、環境変数 EDITOR で、エディタを nano に指定しておきます。

# EDITOR=nano visudo

下の方へスクロールして、「# %wheel ALL=(ALL) ALL」 の行を探します。
先頭の # とスペースを削除して、コメント化を解除すると、wheel グループに入っているすべてのユーザーが sudo コマンドを使えるようになります。

Ctrl+XyEnter で上書き保存します。
multilib
>> Multilib - ArchWiki

64bit 環境で 32bit のアプリケーションを動作させるには、multilib リポジトリにあるパッケージが必要になります。
Wine を使って Windows アプリを実行したい場合などに必要となるので、あらかじめ設定しておきます。
(必要になった時に後から設定しても構いません)

/etc/pacman.conf ファイルが pacman コマンドの設定ファイルとなっているので、このファイルを編集します。

# nano /etc/pacman.conf

下の方に以下のような行があるので、その2行の # を削除してください。

#[multilib]
#Include = /etc/pacman.d/mirrorlist

変更を保存したら、現在の multilib のパッケージリストを取得する必要があるので、以下のコマンドでリストを更新します。

# pacman -Syy
Intel マイクロコード
>> マイクロコード

Intel CPU の場合は、マイクロコードのアップデートに対応するため、intel-ucode パッケージをインストールしておいた方が良いでしょう。
CPU の動作に関する修正などがあった場合に、マイクロコードが更新されます。

# pacman -S intel-ucode

※ パッケージをインストールするだけは、マイクロコードは更新されません。
ブートローダーでマイクロコードのイメージを起動させる必要があります。
設定方法は各ブートローダーによって異なるので、詳しくは Wiki を見てください。

ブートローダーに設定した後は、起動時に常にアップデートの確認が行われるようになります。
マイクロコードのファイルが更新されていた場合は、そこでアップデートが行われます。
GRUB の場合
GRUB の場合は、intel-ucode がインストールされていると、grub-mkconfig コマンドでの設定ファイル生成時に自動で処理を追加してくれます。
intel-ucode のインストール後、設定ファイルを再生成してください。

# grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg
時刻の自動調整
>> Network Time Protocol deamon - ArchWiki

ntp を使うと、NTP サーバーから時刻を取得して、常に正確な時刻に調整することができます。

インストールメディアには ntp が入っていましたが、base/base-devel パッケージグループには入っていないので、別途インストールする必要があります。

# pacman -S ntp
NTP サーバーの選択
デフォルトで Arch Linux の NTP サーバーが指定されていますが、日本のサーバーを使った方が正確なので、日本のサーバーを設定します。

ntp の設定ファイルは /etc/ntp.conf ファイルです。

# nano /etc/ntp.conf

server の行を、日本のサーバーに入れ替えます。
以下のサイトなどから NTP サーバーを選択してください。

>> インターネットマルチフィード時刻情報提供サービス for Public
>> NTP POOL PROJECT (Japan)

MFEED のサーバーを使う場合は、以下のようになります。

server ntp1.jst.mfeed.ad.jp
server ntp2.jst.mfeed.ad.jp
server ntp3.jst.mfeed.ad.jp
手動で設定
ntp は基本的に常駐させて自動で同期させますが、必要なときだけ手動で合わせたい場合は、以下のようにします。
時刻を合わせた後は、ハードウェアに時刻を書き込んでください。

# ntpd -qg
# hwclock -w

-q : 常駐させずに一度だけ実行して終了させます。
-g : 現在の時刻と合わせる時刻が大幅にずれている場合、ntp はデフォルトで同期を行いません。このオプションで、それを無効にして常に同期を行います。

常駐させて同期させたい場合や、起動時に同期させたい場合などは、Wiki を見てください。
ALSA のミュート解除
サウンドは、デフォルトで ALSA が使われます。
(カーネルに含まれているので、デフォルトでインストールされています)

ALSA はデフォルトでミュートされているので、解除しておきます。
ALSA 関連のユーティリティは alsa-utils パッケージにあります。

# pacman -S alsa-utils

alsamixer コマンドで、音量設定の簡易画面を開くことができます。

# alsamixer

「Master」 の所にカーソルがあるので、m キーを押して、MM00 になると、ミュートが解除されます。
上下キーで音量を変更できます。
ビープ音を無効にする
コマンドライン上では、操作中にビープ音が出て、うるさい場合があります。

Linux 上で常にビープ音を無効にしたい場合、以下のコマンドで、pcspkr (PC スピーカーの略) モジュールをロードしないように設定すれば、ビープ音を鳴らさないようにすることができます。

# echo "blacklist pcspkr" > /etc/modprobe.d/nobeep.conf
作成したユーザーでログイン
この段階で、動作に最低限必要な設定は完了したので、ここからは、GUI など自分用の環境を作っていくための操作を行っていきます。

ここからは、ホームディレクトリのファイルなどを操作する必要があるかもしれないので、root ではなく、作成した一般ユーザーでログインして、操作していきます。
作成したユーザーでログイン
su コマンドで、他のユーザーにログインすることができます。

# su <ユーザー名>

root から一般ユーザーへログインする場合、パスワードの入力を行う必要はありませんが、一般ユーザーから root を含め別のユーザーにログインする場合は、そのユーザー用のパスワードが必要になります。

root にログインしたい時は、ユーザー名を 「- (マイナス)」 にしてください。
sudo による一時的な root
今までは root 上で操作を行っていたので、管理者権限で行う必要があるコマンドかどうかは意識する必要はありませんでしたが、ここからは一般ユーザー上で操作していくので、所有者が root のファイルやディレクトリに書き込む場合などは、ユーザーが root であることが必要なため、一般ユーザーの状態では操作できません。

例えば、pacman コマンドでパッケージをインストールする場合は、システムの領域にファイルを書き込むため、管理者権限が必要です。

しかし、いちいち su コマンドでユーザーを切り替えるのは面倒なので、一般ユーザーのままで一時的に root で実行したい場合は、コマンドの前に sudo を付けます。
sudo コマンドは、指定したコマンドの実行時のみ root で実行させることができます。

(例)
$ sudo pacman -S ...

root のパスワードが必要になるので、入力すると、管理者権限で実行されます。

なお、前回 sudo を使ってから一定時間以内 (デフォルトで5分) の場合、sudo が一時的にパスワードを記録しているので、その間は実行する度にパスワードを入力する必要はありません。
ホームディレクトリの操作について
root でログインしている状態で、ホームディレクトリのファイルは操作しないでください。

ホームディレクトリを指定するための 「~」 は、ログインしているユーザーごとにパスが変わります。
root でログインしている場合は、/root となっています。
別のユーザーでログインしている状態で、~ は使わないようにしてください。

また、root にログインしている状態でホームディレクトリにファイルを作成すると、ファイルの所有者が root になってしまい、一般ユーザーで読み書きができない状態になります (後から変更することは可能です)。

上記のように、ホームディレクトリの各ユーザーごとのファイルを操作する時は、必ずそのユーザーでログインして操作しないと、ややこしいことになるので、注意してください。
次へ
以降は、必要であれば GUI 環境などをインストールしていくことになります。

まず、GUI のベースとなる X11Wayland をインストールし、さらに、ディスプレイドライバやデスクトップ環境をインストールしていくことになります。
それぞれ別ページにてインストールの説明をしているので、そちらを参考にしてください。

ある程度 GUI 環境が作れたら、後はその GUI 環境内で細かいソフトウェアなどをインストール&設定していくと良いです。

>> 目次に戻る