Arch Linux インストール前に行うこと

インストール前に行うこと
ここでは、Arch Linux をインストールする前に行う作業を説明しています。

インストールできるように BIOS 設定を変更し、ISO ファイルをダウンロード&メディアに書き込んで、準備を行います。
BIOS の設定
まず、インストールする前に、マザーボードの BIOS 設定を確認してください。
パソコンに Linux をインストールするには、BIOS 設定の変更が必要な場合があります。

BIOS 画面を起動する方法はマザーボードによって異なります。
ほとんどの場合、起動直後のロゴ画面で、F2Delete キーを押すことで起動できます。

BIOS 画面での各項目の設定方法もマザーボードによって異なるので、検索してみるか、説明書を読むなどしてください。
設定が終わったら、必ず変更を保存して、BIOS 画面を終了します。
(UEFI) セキュアブートを無効にする
Secure Boot (セキュアブート)」 という機能があり、これはデフォルトで有効になっている場合があります。
セキュアブートは、パソコンの起動時に署名をチェックして、ウィルスなどの不正なプログラムが実行されないようにする機能です。

Windows 8 からは、セキュリティ強化のためにセキュアブートに対応しているので、基本的に Windows 8 以降では有効にします。
(無効にしても問題なく起動できます)

それ以外の OS では、セキュアブートが有効な状態で起動させるには、Windows 用の認証キーが必要なため、基本的に無効にする必要があります。

Arch Linux の場合、署名済みのブートローダーを使うと、セキュアブートが有効でも起動できるようになっていますが、そのための手順が必要なので、無効にした方が楽です。

>> セキュアブート - ArchWiki
(UEFI) CSM を有効にする
CSM (Compatibility Supported Module)」 は、UEFI より前の BIOS システムをエミュレートして、古い周辺機器や OS との互換性を保つための機能です。

基本的に、セキュアブートを有効にしている場合は、無効にする必要があります。
逆に、セキュアブートが無効の場合は、有効にしておきます。

Linux をインストールするためにセキュアブートを無効にしたので、CSM は有効にする必要があります。
これにより、セキュアブートに対応していない OS を起動することが出来るようになります。
Arch Linux のダウンロード
Arch Linux のインストール用 ISO ファイルを、公式サイトからダウンロードします。

>> Arch Linux JP

「ダウンロード」 から、HTTP での直接ダウンロードか、torrent でのダウンロードが出来ます。
直接ダウンロードが推奨されているので、そちらで構いません。
リスト内にいくつかファイルがありますが、archlinux-*.iso ファイルをダウンロードします。

ファイルサイズは CD に収まるくらいです。
他のディストリビューションと違って、デフォルトでインストールされるソフトウェアなどのパッケージが含まれていないので、小さめです。

ISO ファイルは、インストールに使うコマンドなどを最新バージョンに維持したりするため、毎月1日に更新されるので、常に最新のファイルを使ってください。
ISO をメディアに書き込む
ダウンロードした ISO ファイルを、CD/DVD や USB メモリなどのメディアに書き込みます。
余っている USB メモリがある場合は、それを Arch Linux インストール専用にすると良いでしょう。
USB メモリに書き込む
>> USB インストールメディア - ArchWiki

各 OS 上での書き込み方法は、上記のページに詳しく書かれています。
Linux 上で USB メモリに書き込む
Linux 上で USB メモリに書き込む場合は、以下のコマンドで書き込めます。

  • USB メモリ内のデータはすべて消去されます。
  • 余った容量内にファイルを書き込むといったことは出来ないので、完全に一本まるごとインストール専用になります。
  • USB メモリを普通の状態に戻したい場合は、USB メモリ内のファイルシステム情報の削除・パーティショニング・フォーマットが必要になります。

■ USB メモリのデバイス名確認 (sd?)

$ lsblk

■ 書き込み
・ iso ファイル名はダウンロードした名前に置換
・ of=/dev/sdb の部分は、USB メモリのデバイス名に置換
   [!] /dev/sdb1 などのように、末尾に数字は付けないこと

$ sudo dd bs=4M if=archlinux-2017.12.01-x86_64.iso of=/dev/sdb && sync

書き込むデバイス名を間違えると大変なので、注意してください。

HDD/SSD が一つで、USB メモリが一つしか刺さっていない場合、sda が HDD/SSD、sdb が USB メモリになります。
sd? の ? の部分は、接続されているデバイスが増えると、a,b,c,d... というように名前が変化します。

/dev/sdb1 などのように末尾に数字を付けると、そのデバイス内の N 番目のパーティションとなります。
ISO を書き込む際は、デバイス全体に対して書き込むので、パーティションを指定してはいけません。

dd コマンドは、ブロックデバイスに対して、直接読み書きを行います。
ここでは、4MB 単位で、if の ISO ファイルを of の USB メモリ内に書き込みます。
&& は、前のコマンドが成功した場合のみ、次のコマンドを実行します。条件の AND です。
sync コマンドで、実際にファイルの書き込みが終わるまで待ちます。
(&& を使わずに、別々に実行しても構いません)

(Linux 上では、USB メモリなどへのファイルの書き込み時は、内部でキャッシュしておいて、後でまとめて書き込む形になっているので、すぐに書き込んで欲しい場合は、ファイル操作後に毎回 sync する必要があります)

書き込みが終わるまでしばらくかかるので、待ちます。
次へ
>> インストール (1) - インストールの開始