Arch Linux について

Arch Linux について
Arch Linux は、Linux ディストリビューションの一つです。

インストール作業はすべてコマンドライン上で手動で行うため、他のディストリビューションと比べて難易度が高いですが、その分、自由度や軽量さ、シンプルさが特徴です。

デフォルトでは CUI 環境を動かすためのパッケージしかインストールされないので、GUI の環境を作る場合は、自分で必要なパッケージをインストールして一から構築する必要があります。
メリット
  • 一度インストールしたら、アップデートで各パッケージを更新するだけでずっと使えるので、Ubuntu などのように、新しいバージョンが出たら定期的に再インストールする、といったことをする必要がない。
  • デフォルトでは、最低限のパッケージしかインストールされないので、余計なものをインストールせずに、自分が使うものだけインストールできる。
  • GUI 環境を自分の好きなように一からカスタマイズすることができる。
  • 各パッケージの更新頻度が高いので、常に最新のバージョンを使うことが出来る。
  • Arch Linux 専用パッケージマネージャである pacman (CUI) は、インストール処理が他と比べて速いため、アップデートが苦にならない。
  • 公式の Wiki の情報が豊富。日本語翻訳もされているので、情報がわかりやすい。
  • Linux 本来の使い方である、コマンドラインでの操作や、Linux の知識などが自然と身につく。
デメリット
  • 基本的にコマンドラインで操作することが多いので、Linux を初めて使うような初心者には全く向かない
  • インストール作業は、すべて手動で行う必要がある。
    手順をすべて記憶しておくのは難しいので、あらかじめインストール手順全体を確認して、メモしておく必要がある。
    慣れるとそれほど難しくはないが、最初のインストール時は手間取るので、事前に VirtualBox などで手順を確認してから実践に臨むことになる。
  • GUI 環境を作る場合、自分で必要なパッケージをインストールして、構築する必要がある。
    特に、すべて自分で選択してカスタマイズする場合は、デスクトップ環境がそれぞれどういうパーツで構築されているか、何が必要になるのかを理解しておく必要がある。
  • Arch Linux 自体はバージョンがなく、他のディストリビューションのように、バージョンアップによる定期的な再インストールをする必要はないが、その分、パッケージに大幅な変更があった時は、急にパッケージが廃止されたり、パッケージ名が変わったり、何か手動で設定変更や移行処理などをしなければならない場合がある。
    (それほど数は多くないので、年に数回くらい)
  • インストールするパッケージはネットからダウンロードする必要があるので、ネット接続が必須。
    ネットが使えない状態では、インストールできない。
  • 公式では 32bit 版のサポートが廃止されたので、基本的に 64bit 環境で使う必要がある。
    (他のディストリビューションでもそうなっていくとは思いますが)
総評
Windows から乗り換えて Linux を初めて使うような人には、絶対に向きません。
そういう方は、Ubuntu など、GUI が完全に構築されていて初心者向きの Linux ディストリビューションから始めるべきです。

ある程度 Linux 環境に慣れてきて、もっと軽い環境にしたい、デスクトップをカスタマイズしたい、ソフトウェアは常に最新のバージョンで使いたい、余計なものをインストールしたくない、コマンドライン中心で処理をしたい、というような欲求が出てきた場合、試してみてください。

私も最初は Ubuntu から初めて、いくつかディストリビューションを試してみましたが、軽量さでは圧倒的に Arch Linux です。
(デスクトップの構成にもよりますが、軽量重視で組み合わせると、かなりメモリを節約できます)
この軽量さとシンプルさと快適さを体験してからは、他を使う気になれませんでした。

一番最初にインストールする際は色々と時間がかかると思いますが、何回かやっていくうちに割と簡単だと思うようになるので、頑張ってください。