AzPainterB
ドット編集/イラスト/レタッチなど、色々な用途に使えるシンプルなペイントソフトです。

Windows 版 AzPainter2 に近い作りになっています。
イラストよりはドット編集向けの機能を重視していますが、イラスト描画としても十分使うことができます。

License: GNU GPL v3
更新
2017/03/11 - ver 1.0.7
2017/03/05 - ver 1.0.6
2017/01/29 - ver 1.0.5
動作環境
  • Linux
  • X11R6 以降 (XInput2 を使う場合は X11R7.5 以降)
特徴
  • GUI は、Xlib を使って独自に構築しています。
    そのため、アプリの起動が一瞬です。
  • XInput2 を使うことで、筆圧に対応しています。
  • レイヤフォルダの機能があります。
  • キャンバスの回転ができます。
  • 日本語テキストの縦書き描画もできます。
  • APD/ADW/BMP/PNG/JPEG/GIF/PSD の読み書きが行えます。
  • 保存される APD ファイルは、内部的に新しいフォーマット (ver 3) になっているので、現在は AzPainterB と AzPainter (Linux) ver 2.x 以外では読み込めません。
コンパイル/インストール/起動方法
README または README_ja を読んでください。

コンパイルする前に必要な開発用パッケージをインストールし、アーカイブを解凍後、以下のコマンドでインストールできます。

$ ./configure
$ make
$ sudo make install-strip

インストール後、デスクトップのメニューの「グラフィックス」カテゴリー内にショートカットが作成されているので、そこから実行するか、端末で「$ azpainterb」とコマンド入力することで起動できます。