(Linux) AzPainter

ソースコード
>> OSDN - AzPainter

言語: C
License: GPL v3
動作環境: Linux (X11)
概要
イラスト描画向けの 16bit カラーのペイントソフトです。
ドット編集には向いていません。

  • GUI は、Xlib を使って独自に構築しているので、起動が一瞬です。
  • XInput2 を使うことで、筆圧に対応しています。
  • 内部では「16bit カラー (15bit 固定小数点数)」で色を扱うため、8bit カラーより色の精度が上がりますが、その分メモリを消費します。
  • 各レイヤごとにカラータイプを変更できるので、描画内容によってメモリの節約ができる。
    (通常カラー、グレイスケール、アルファ値のみ、アルファ値のみ (1bit)、の4種類)
  • レイヤには「フォルダ」や「アルファマスク」などの便利な機能があります。
  • ブラシは細かくカスタマイズが可能。
  • フィルタを使った画像編集も行えます。
  • 日本語テキストの縦書き描画もできます。
  • 読み込みは、APD(v1-v3)/ADW/PSD/BMP/PNG/JPEG/GIF
    書き込みは、APD(v3)/PSD/BMP/PNG/JPEG に対応しています。

注意点
  • 16bit で色を扱っているため、8bit カラーと比べてメモリ消費が2倍になります。
    大きな画像を編集する際は、メモリ使用量に注意してください。
  • このソフトで保存された APD ファイルは内部バージョンが3となっているので、現在はこのソフトと AzPainterB でしか読み込めません。
    (APD ver 3 に対応していない古いソフトでは読み込めない)

>> ScreenShot
>> マニュアル (日本語)
コンパイル&インストール
詳しくは、README をご覧ください。
コンパイルに必要なパッケージをインストールした後、ソースファイルの解凍 > コンパイル > インストールを、順に行ってください。

$ ./configure
$ make
$ sudo make install-strip

インストール後、アプリケーションメニューの「グラフィックス」カテゴリー内にショートカットが作成されるので、そこから実行するか、azpainter コマンドで起動できます。
更新履歴
2019-11-30 : ver 2.1.5

    * 環境設定の「増減幅」→「表示倍率の1段階 (100% 以下時)」で、
      負の値を指定すると、現在の表示倍率 * (-指定値) / 100 を増減値にするようにした。
    * レイヤパネルのアルファマスク選択部分で、Shift+左ボタンを押すと、アルファ値維持に変更するようにした。
    * ValueBar (スピン付きの数値バー) 上でマウスホイールを操作すると、値を +1/-1 するようにした。
    * キャンバスの DPI が変わった後にテキスト描画をした時、
      作成済みである以前の DPI + pt サイズのフォントが使われるのを修正。
    * ブラシパネルのブラシ一覧上でのアイテムのD&D移動開始条件を変更。
      アイテムがすでに選択されている状態で左ボタンを押し、別アイテム上へ移動+数px移動の条件で開始するようにした。
    * 翻訳ファイルを追加 (it)

    [mlib]
    * mLineEdit: 左ダブルクリックでテキストを全選択するようにした