インストール方法

アーカイブのダウンロード
>> GitLab projects

ソフトウェアのソースコードは、GitLab で公開しています。
各ページから、ソースコードのアーカイブをダウンロードしてください。

※ GitLab 上で公開していないものは、このサイトの各ソフトウェアのページに、ダウンロードリンクがあります。
最新版のダウンロード方法


最新の状態のソースコードをダウンロードする場合は、ダウンロードアイコンから、アーカイブをダウンロードできます。

いくつかの形式でダウンロードできますが、基本的に tar.bz2 を選択してください。

※正式の最終バージョンの状態ではなく、ファイルが更新されている場合があります。
バージョンごとのダウンロード方法


横のメニューの「Project overview」内の「Releases」のページを開いてください。

正式な最終バージョンや、旧バージョンのアーカイブをダウンロードできます。
コンパイルとインストール (Linux の場合)
※以下、アーカイブのファイル名が azpainter-3.0.0.tar.bz2 であるものとして、解説していきます。
※ Mac や FreeBSD 上で実行する場合、一部コマンドなどが異なります。詳しくは、ReadMe をご覧ください。
展開と移動
ダウンロードしたアーカイブがあるディレクトリ上で端末を開き、アーカイブを展開します。

$ tar xf azpainter-3.0.0.tar.bz2

ディレクトリが作成されているので、端末内のディレクトリ位置を移動してください。

$ cd azpainter-3.0.0

※コンパイルを行うためには、ソフトウェアで使用されている各ライブラリごとに、開発用のファイルが必要となるので、ReadMe ファイルを読んで、各ディストリビューションごとに必要なパッケージをインストールしてください。
必要なファイルの生成
まず、configure スクリプトを使って、現在の環境用に、Makefile や config.h を生成します。

$ ./configure

自動で、必要なライブラリや開発用ファイルの存在がチェックされます。
必要なファイルが足りない場合はエラーが出るので、表示されたパッケージをインストールしてください。

成功すると、コンパイルが行える状態になっています。

なお、configure 時には、いくつかオプションが指定できます。
以下、一部を紹介します。

--helpヘルプの表示
--debugデバッグ用の実行ファルを作成
--prefix=[DIR]インストール先のディレクトリ
CC=[EXE]C コンパイラの実行ファイルの指定。
CC=gcc など。
CFLAGS=[STR]C コンパイラのオプション指定
コンパイル
make コマンドと、Makefile を使ってコンパイルします。

$ make

※ make コマンドでは、メイクファイルの指定を省略すると、'Makefile' が検索されます。

コンパイルが行われるので、終わるまで待ってください。
コンパイルが終わると、実行ファイルが作成されます。
インストール
最後に、実行ファイルと、関連するファイルを、インストール先にインストールします。

$ sudo make install

デフォルトで、/usr/local 以下にインストールされます。
/usr 以下にファイルをコピーするためには、管理者権限が必要なので、sudo コマンドを使ってください。
アンインストール
アンインストールしたい場合は、make コマンドと、生成された Makefile を使って行うことができます。

$ sudo make uninstall

Makefile が残っていない場合は、ReadMe に記載されている内容を元に、手動で削除してください。
ソフトウェアを起動する
GUI ソフトの場合は、デスクトップのソフトウェア一覧に追加されているので、そこから起動してください。
(アイコンなども含め、すぐには反映されない場合もあります)